企画趣旨

鉄道貨物協会が昨年実施した「営業用トラックドライバーの将来需給予測」によると、現状でも需要量109万人に対して供給量は99万人と10万人不足していますが、2025年には約20万人、2028年には約28万人の不足が見込まれています。
つまり、2028年には現状4人分の仕事を3人でこなさなくてはいけない計算になります。

改正貨物自動車運送事業法が昨年7月と11月に順次施行されました。
改正法の趣旨は「社会インフラである物流が滞ってしまうことのないよう、緊急に運転者の労働条件を改善する」ためです。
荷主も「運んでもらえなくなる」懸念から、トラック運送事業との適正取引なかんずく適正運賃収受が浸透しつつあり、それを原資とした物流の働き方改革・生産性向上の取り組みが進められています。

しかし、現状はそうした取り組みを上回る勢いで物流現場の人手不足は進行しています。
さらに近年は激甚災害が頻発しており、サプライチェーンの一翼を担う物流機能の強靱化が令和時代の新たな課題として浮上しています。

どのような時代になろうと「モノを移動する」という行為はなくなりません。
物流危機が叫ばれる中、将来にわたりサスティナブル(持続可能な)物流を実現するため、さまざまな制約要因を克服していく必要があります。

運輸新聞は、1920年(大正9年)に創業し、今年は記念すべき100周年にあたります。
ロジガイ2020は、100周年記念事業の一環と位置付け、次の100年を見据えてサスティナブルな物流を実現していくため、誰もが納得し、実践していくことができる情報やシステムを満載したガイドブックとなるよう制作にあたっていきます。

具体的には、第1部でトップ対談・座談会、トップインタビューを収録、第2部で物流の生産性革命・働き方改革・強靱化に関する最新の情報をお届けし、第3部でサスティナブルな物流を実現する最新のシステム・サービスを紹介します。

第2部・第3部において、貴社の最新の情報を提供していただくことを願ってやみません。

———————————————————————————————-

詳細・FAXでのお申し込みはこちら

ロジガイ2020企画書

ロジガイ2020企画書

 

———————————————————————————————-

ネットお申込み【追ってこちらからご連絡致します。】

ロジガイ2020掲載申込 (必須)

ロジガイ2020掲載申込希望 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号