11月 26日 2021年

荷主が行う省エネの取り組みを促進するため、総合資源エネルギー調査会荷主判断基準ワーキンググループは22日の会合で、エネルギー使用量の算定方法精緻化、事業者クラス分け制度の導入、原単位だけでなく積載率もベンチマークとして設定するなどの方向性を示した。

 

 

 

大口多頻度割再延長【経済対策】デジタル化 地方の取り組み支援

 

自社化率80%目指す【セイノーHD】燃料費増のカバー要因に

 

ベア・要求改善で成果【JR貨物労連】第31回定期大会

 

国際物流増益もあり黒字に転換【日本郵便】

 

12月、新都城店で営業開始【久留米運送】

 

日通野球部 都市対抗野球大会に出場<特集>

〇澤村監督に聞く

〇闘いの軌跡

〇対戦相手は

〇メンバー紹介

 

 

 

 

 

【2021年11月26日(金)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri