11月 12日 2021年

全日本トラック協会の坂本克己会長は9日、12月2日に「特別臨時燃料高騰大会」を開くことを明らかにした。全ト協だけでなく、石油連盟や商工会議所、バス・タクシー、関係労働組合などとも連携する。軽油価格は、店頭価格が1リットル150円に迫っており、7年前の水準をも超えており、トリガー条項凍結解除などを訴える。

 

 

 

転嫁対策などを求める【全ト協】軽油価格高騰で緊急要請

 

大賞は鈴与など2社【物流連】モーダルシフト優良事業者 多品目を海上シフト

 

来春の賃上げへ議論【政府提言案】車載用電池 生産拠点立地を支援

 

生活支援領域を拡大【センコーGHD】ダイヤクリーニングをグループ化

 

荷主の出会い第4弾【厚労省】参加企業募集 来年1~2月開催

 

基金2兆円先行活用【NEDO】次世代船舶・航空機開発へ

 

拠点間転送が減(賞味期限大括り化)【農水省調べ】発注前倒し 見込み生産が減少

 

中小DX支援強化を【商工会議所】新たな経済対策で要望

 

ゴールド・クラブとプラチナ・クラブ【連載=中田信也のマーケティング物噺】『プロ』として特権を授与

 

 

 

【2021年11月12日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri