11月 5日 2021年

経済産業省と国土交通省は、2040年の物流のあるべき将来像としてフィジカルインターネットの実現に向けたロードマップを策定するため、2日に第2回実現会議を開催。第1弾として、スーパーマーケット等WGを設置し、消費財サプライチェーンの2030年までのアクションプランを年度内にとりまとめることにした。

 

 

 

 

2万社まであと一歩【標準的運賃】9月末届出割合は34.8%

 

待機時間約16%削減【横浜港コンテナ輸送検討会】CONPAS、混雑時に効果発揮

 

南十字星のもとで【物流博物館】11月28日に上映会

 

DSの確立を加速【日野】次世代車載通信機を共同開発

 

小川氏(トランスシティ)に旭中【秋の叙勲】石井氏(元全ト協理事長)ら瑞中

 

荷主の理解は高まる【東ト協連】標準的運賃、受け入れはまだ先か

 

次世代EDI移行を【東商が提言】地域共同配送PF構築も

 

BC横浜金沢オープン【SBSリコーロジ】物流DXの大型3PL拠点

 

ボトルワインの輸入、2020年16万3905㎘(7.0%減)【東京税関】数量シェア 東京港が32年連続首位

 

 

 

 

 

【2021年11月5日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri