9月 21日 2021年

資源エネルギー庁は、エネルギー基本計画案をまとめ、10月4日まで一般からの意見募集を行っている。運輸部門は需要サイドの取り組みが重要だが、荷主や貨物事業者とはエネルギー使用量の算定方法の違いがあり、適切に評価できていないとして、省エネの取り組みを適切に評価する仕組みづくりを進める。

 

 

 

貨客混載全面解禁を【日本経団連】規制改革要望  処方箋薬の宅配利用も

 

詳細仕様の検討開始【NACCSセンター】第7次 100項目以上で

 

申請上限を3台へ【LEVO】ディーゼル車補助  来年1月末まで受付

 

【ESG経営を支える 高付加価値物流サービス】三菱倉庫 医薬品物流の取り組み

再生医療や治験薬など さまざまなサービスを提供

 

宣誓書の署名活動も【全ト協】飲酒運転根絶へ  交通対策委で決議

 

ハブ設け輸送を分離【秋田ト協】首都圏向け青果物輸送  MOVOを採択

 

賃金・労働条件改善へ【ヤマト労組 定期大会】適正な評価、価格転嫁求める

 

 

 

 

【2021年9月21日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri