8月 24日 2021年

中長期の気候変動対策を検討する経済産業省と環境省の合同WGは18日、パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略案を提示し、自動車は単体対策のみならず複合的な対策の必要性を示した。これに先立ち開催された政府の気候変動対策推進のための有識者会議に出席したヤマトホールディングスの長尾裕社長は、商用EVについてカートリッジ式バッテリーの開発と規格基準統一のための支援を要請した。

 

 

 

カートリッジ式提言【ヤマトHD 長尾社長】EV導入加速に向け

 

上期輸出17%増 前々年同期比【JETRO】ASEAN6カ国 下期はSC寸断も

 

強靭な物流を確認 【第8回 日中韓物流大臣会合】

 

【モノフルとNPL】自動バース予約へ トラック簿とTMS連携

 

1万台当たり1・6件【トラック死亡事故】大阪、北海道の順で多い

 

豊橋新城など事業化【スマートIC】6カ所の準備調査も着手

 

利用運送が1兆円に【産業連関表】18年の物流供給額 3年連続増の23兆円

 

【物流雑学辞典】 第131回 合成燃料

 

 

 

 

【2021年8月24日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri