7月 9日 2021年

国土交通省は、カーボンニュートラルや気候危機への対応などに取り組む重点プロジェクトを「国土交通グリーンチャレンジ」としてまとめた。6つのプロジェクトのうち、物流は自動車の電動化とデジタルによる持続可能なサービス展開の2つに含まれている。

 

 

 

充電設備3万基整備【気候変動対策会議】水素STは千基導入

 

事業化へ検討開始【JR西日本・福山通運など3社】山陽新幹線で貨客混載

 

最新の電子制御ステアリング【UDトラックス】ドライバーの疲労軽減と安全

 

共同配送や非接触【オリパラ協議会】未来につながる物流認定

 

横須賀~新門司新規就航【東京九州フェリー】省エネ船でトラックの受け皿に

 

歩行者検知機能を【車両安全対策】被害軽減ブレーキに注文

 

利用は横ばいも認知度は増加傾向【矢野経済研究所】収納サービス関する消費者アンケート

 

通信機能付きDRで安全運転支援【損保ジャパンとパナソニック】9月から提供を開始

 

8月4日から福岡で宅配事業を開始【ラストワンマイル協同組合】大手家具・生活雑貨量販店の荷物を中心に

 

 

 

 

【2021年7月9日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri