6月 29日 2021年

国土交通省と内閣官房小型無人機等対策推進室は、過疎地などでのドローン物流ビジネスの社会実装を推進していくため、「ドローンを活用した荷物等配送に関するガイドラインVer2.0」を策定した。同一区間での輸配送の多頻度化や複数区間での実施、企業同士の連携による物流以外の他用途活用などが有効だとしている。

 

 

 

物流複数化13%検討【帝国データ】BCP策定率やや伸びる

 

坂本会長が再選【全ト協総会】雇用調整助成金の延長要望

 

航空局長に久保田氏【国土交通省】7月1日付  祓川、上原氏は留任

 

【押入れ産業「ロジセレクト」】 「倉庫サイト」でマッチング開始   検索サイト立ち上げ  荷主の困りごとを解決

 

【ビットキーと佐川急便】顔認証を活用した「置き配」実証実験実施

 

信頼関係で諸問題へ JR貨物労組が定期全国大会

 

 

 

 

【2021年6月29日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri