6月 4日 2021年

コロナ禍でBtoB分野の物流が低迷する中でも、大手トラック事業者の運賃値上げは進んでいる。荷主との力関係が弱い中小事業者においても、2024年度よりドライバーの時間外労働の上限規制は待ったなしでやってくる。アフターコロナとなった時に人手を確保できなくなる前に、人が集まる企業づくりに向け、原資を確保するための前提となる「標準的な運賃」へ変更届出することが急務になっている。

 

 

 

輸出促進法に追加【農産物・食品】冷凍・冷蔵装置など、産地の物流支援へ

 

貨物列車充実に言及【グリーン社会WG】今後10年間の施策公表へ

 

会長に池田氏(商船三井会長)【物流連】物流DX・標準化推進

 

ドローン市場創出へ【セイノーHDなど】3社が資本業務提携

 

羽田京浜島航空貨物センターの自動仕分け機を刷新【日本通運】5月31日から稼働

 

商業化へ需要喚起【ドローンレベル3】今月中にガイドライン

 

年度後半から回復【日港協】サイバーポートに参加を

 

物流波動に対応する業務フロー構築【澁澤倉庫】プラスオートメーションと共同で

 

 

 

 

【2021年6月4日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri