3月 23日 2021年

2021年春闘は18日に大手組合のヤマ場を迎えた。運輸労連傘下組合のうち、賃金引き上げは大手・中小合わせ53組合が解決し、単純平均は1873円と前年実績を14%下回っている状況だが、夏季一時金は40組合が解決し33万215円と同32%上回っている。

 

 

 

標準的運賃まだ模索段階【東ト協連】「適用したい」は4割弱

 

追突対策を実装へ【国土交通省】次期安全プラン概ね了承

 

みなとの元気で成長【国土交通省】港湾投資効果事例集作成

 

顧客のDXを促進【NTTデータ】米ベルーセン社と業務提携

 

物流自動化総合展開設【UPR】23社情報をオンライン掲載

 

標準化小委新設へ【物流連】今年度の成果など報告

 

シカゴ・ロジスティクス・センター竣工【米国日本通運】営業、現場一体型の拠点

 

台湾の宅配便大手に戦略的事業投資【伊藤忠商事】宅配のDX化支援を加速

 

医薬品などの通販事業を開始【日本郵便とトモズ】ドラッグストア専用ページ開設

 

 

 

 

【2021年3月23日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri