12月 15日 2020年

新型コロナウイルスワクチンの流通体制を構築するため、厚生科学審議会の基本方針部会と生産・流通部会は10日、接種体制や必要な物資・物流の確保などについて検討した。ワクチンの流通にはディープフリーザー(超低温冷凍庫)やドライアイス、保冷ボックスが必要であり、国は台数の確保に取り組んでいる。

 

 

 

相互協力で調印式【佐川急便と日本GLP】災害時の事業継続で

 

現行制度を概ね延長【税制改正】投資促進や自動車関係税

 

【グリーン物流Pシップ会議】国土交通大臣表彰:ホームロジほか2社  経済産業大臣表彰:江崎グリコほか9社

 

【矢野経済研究所 アフターコロナの自動車産業】世界新車販売台数の回復時期予想 2022年が45・4%占める

 

小学校休業助成金も【厚労省通達】休業支援金など紹介

 

物流の価値向上へ【JR貨物】東京レールゲートEAST着工

 

発荷主向け動画追加【厚生労働省】長時間労働改善ポータルに

 

【JR貨物 11月の輸送動向】緩やかな回復傾向続く

 

【日本通運 独自の安全宣言】 国交省 安全総点検で披露

 

 

 

 

【2020年12月15日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri