10月 23日 2020年

全日本トラック協会は、来年度税制改正・予算に関する要望事項をまとめた。高速道路の深夜割引を労働基準法規定に合わせて午前10時~午後5時へ拡大することや、エッセンシャル事業に対応する危険手当給付制度の創設などを盛り込んだ。

 

 

 

自主行動宣言 1066社提出【ホワイト物流推進運動】メリット顕在し裾野拡大を

 

引越で協業に合意【ヤマトとアート】経営資源・ノウハウ活用 新サービス検討も

 

最速3日目に配送【日本通運】米国南東部向け超速アトランタ発売

 

管理業務デジタル化【日立物流】SSCV-Smart提供

 

キャブデザイン一新【三菱ふそう】新型キャンター、11月から国内販売

 

運賃指数は117【KIT9月】前年同月比14ポイントの大幅減

 

気象変動のリスク軽減を支援【日本気象協会】SC最適化やBCP高度化へ

 

輸出入とも2割弱減【上期貿易額】半導体・医薬品が増加

 

東京メディカルロジセンターⅡを12月末開設【安田倉庫】医療機器に関わる全ての業務を担う

 

 

 

2020年10月23日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri