10月 9日 2020年

日通総合研究所は、7月に公表した「2020年度の経済と貨物輸送の見通し」を改訂。新型コロナの世界的な拡大に歯止めがかからず、国内も年度内の収束が見えづらいとして、実質国内総支出(GDP)、貨物輸送量(国内・国際ともに)いずれも7月に続き下方修正した。

 

 

 

標準的運賃、近づける努力を【トラック中央協議会】地方は5品目で論議

 

トラック輸送情報、一般は9.4%減【国土交通省】7月は再び荷動き停滞

 

ヤマトのDM便受託へ【日本郵便】来年2月から一部地域で配達

 

次回骨子案を提示【物流大綱検討会】標準化とデジタル化推進

 

今月末に調査開始【改善基準告示】荷主からの協力度も対象に

 

ドローンサービス推進協議会が設立~社会実装の早期実現目指す

 

下期に順次研修開始【日倉協】実務の基礎や実践手法学ぶ

 

来年1、2月に物流効率化セミナー実施【国土交通省】全国4カ所(東京、名古屋、大阪、新潟)で

 

20年度本社入社式と21年度内定式を開催【JR貨物】

 

 

 

【2020年10月9日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri