9月 18日 2020年

今年度第1四半期の貨物輸送は、新型ウイルス感染症の影響が輸送モードによってかなり異なった。国内は、航空が58.3%減、フェリー(トラック航送台数)が22.5%減、JRコンテナが14.3%減だったのに比べ、トラックは比較的小幅な減少にとどまった。国際貨物は、輸出が12~13%、輸入が8%前後のマイナスとなった。

 

 

 

英国の低温物流会社買収【ニチレイロジG】EU離脱で食品物流需要高まる

 

申請台数3台へ緩和【LEVO】低炭素ディーゼル車補助

 

『安全』を最優先に【ヤマト労組定期大会】やりがい持てる職場環境を

 

物流ロボット55%増【矢野経済研究所】19年度ピッキング販売で好調

 

『置配便ミニ』のサービス開始【ラストワンマイル協組】10月1日から

 

アシスト自転車トライクカーゴを本格導入【佐川急便】全国60営業所、計155台を

 

「何ができるか」を考える【姫路合同貨物自動車 藤田弘一社長】協力会社とともに成長を

 

 

 

【2020年9月18日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri