7月 21日 2020年

日通総合研究所は、今年3月に公表した「2020年度の経済と貨物輸送の見通し」を改訂した。新型コロナの影響をリーマン・ショック以上として国内貨物総輸送量を上期3・7ポイント(前年度比11・0%減)、年度で3・5ポイント(同6・9%減)それぞれ下方修正した。

 

 

 

次期物流大綱に着手【関係3省】重要課題 コロナ時代の物流進化

 

迅速な初動へ準備を【国土交通省】運輸防災マネジメント指針 事業者間連携を提起

 

【DBJが調査・提言】四国の物流の現状と課題  ~レジリエントでサステナブルな物流の構築に向けて~

 

環境経営度を評価【JR貨物】世界初の融資メニュー取得

 

【福山通運 小丸社長】感謝状を授与 リトアニア大統領から

 

荷物情報の減少続く【JL連合会 第1四半期】リーマン上回る落ち込み幅

 

【物流雑学辞典】第113回 自動運転とHMI

 

 

 

 

【2020年7月21日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri