5月 26日 2020年

新型コロナウイルスの感染抑制に向けた「新しい生活様式」の一つ、出前・デリバリーの配達員が、自転車で高速道路を走るなどの交通違反を犯したり、歩行者をはねる、車と衝突して配達員が亡くなる人身事故まで発生している。自転車を使った出前代行だが、対価を得てモノを運ぶ行為は、れっきとした運送事業であり、働く人の保障確立のためにも法整備が必要なのではないだろうか。

 

 

特積みからロジへ【セイノーHD】新中計 コロナ禍をチャンスに

 

【日本通運】米医薬品物流会社買収

 

データ連携を開始【Hacobuと日野】MOVOにGPS接続

 

貨物車エネルギー消費 8年連続減少【2018年度】原単位も低い水準に

 

市場規模1千億円【矢野経済】医薬品・医療器材物流委託 一気通貫の機運に

 

【CBcloud】那覇空港を追加 空陸一貫輸送サービス拡充

 

物流施設初の取得【SGアセットマックス】生物多様性認証 佐川東京ロジCで

 

医薬品輸入27%増 中国は減【4月の貿易】輸出 自動車関連が大幅減

 

在宅勤務者に好評【センコーGHD】インスタが会社と自宅つなぐ

 

【心の栄養 論語を読もう 51】

 

 

 

 

【2020年5月26日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri