4月 17日 2020年

運輸労連は13日、新型コロナウイルス感染症に関し、立件民主党の枝野幸男代表、運輸労連政策推進議員懇談会の赤松広隆代表に、マスクなど衛生用品のドライバーへの優先的な供給、トラック運輸産業の現状に対する積極的な情報発信、10割補償を含む雇用調整助成金制度のさらなる拡大など、トラック運輸産業からの緊急要請を行った。

 

 

 

標準的運賃、原案通り答申【運輸審議会】ドライバー還元へ監視を

 

労働生産性に開き【未来投資会議】中小企業、取引デジタル化推進

 

睡眠改善アプリ開発【日野自動車】NLJで実証実験を開始

 

最適運輸で実証実験【EVトラック】名鉄運輸とエスライン協力

 

グループ旗艦モデルセンターに【ニチレイロジG】名古屋みなとDC稼働、ノウハウを横展開

 

「拠点移す」依然少数【JETRO調査】経済の正常化進む中国

 

日本橋の地下化も【高速道路事業許可】財投活用し車線数増加

 

新規顧客開拓できた59.9%【国際物流総合展 主催者アンケート結果】無人搬送車に関心高く

 

荷主企業向けに開発【キムラユニティー】車両管理システム

 

 

 

 

【2020年4月17日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri