3月 10日 2020年

政府は未来投資会議を5日に開き、サプライチェーン改革や観光など新型コロナウイルスによる今後の懸念がある項目をテーマに議論した。主要先進国の中で、日本は中間財の対中依存度が最も高く、日本回帰や拠点の多元化について検討していく。

 

 

 

運輸・倉庫が最多【帝国データ】新型ウイルス マイナス影響 7割強に達す

 

6項目に回答集中【本紙アンケート】オリパラに向けた物流改善 最多は時間帯変更

 

標準的運賃に期待【全ト協 理事会】早ければ4月末に告示

 

【郵船ロジとシナモン】AI-OCR技術で 出庫時の照合を軽減へ

 

相互扶助精神で半世紀 近畿共済50周年記念式典

 

世界で150台納車【三菱ふそう】電気小型トラック 配送用として評価

 

 

 

 

【2020年3月10日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri