2月 19日 2020年

地球温暖化対策の見直しを行うため、社会資本整備・交通政策審議会は14日に環境部会合同会議を開き、各施策の取り組みと今後の方向性を審議した。新規施策として「過疎地などでの無人航空機を活用した物流実用化」を挙げ、民間や団体に対して計画策定経費やドローン物流導入経費を補助し、過疎地での非効率な配送を是正する。

 

 

 

アジア・欧に拡大へ【日本通運】販路開拓パッケージサービス 海外展開ハイウェイ

 

 

【国際物流総合展特集 2~8面】 東京ビッグサイトで19~21日開催

 

【オカムラ】     最新ロボット初披露  「ライトピック2」異形物の取り扱いも可能

【日本通運】     最先端物流の知恵  日通ならではのソリューション紹介

【日本パレットプール】 一貫パレで省力化提案  フォールド・デッキ体感も

【日建リース工業】  「P・switch」6月提供へ  レンタルパレット新サービス

【データ・テック】  カメラの無い ドライブレコーダー  運転操作の数値化で安全教育

【伊東電機】     ロボットを超える能力  EC物流の自動化を提案

【ライナロジクス】  仕事量を均等割振り  クラウド型自動配車システム

【寺岡精工】     自律走行式ピッキングカート  省力化と作業時間を短縮

【アイオイ・システム】 次世代型ピッキングソリューション  物流作業の効率化を実現

【トヨタL&F】   最適な解決策を提供  コンセプト「その物流に、ジャストソリューション」

【矢崎エナジーシステム】 デジ・ドラ一体型で予防安全  危険予知訓練サービスも

 

 

【テレニシ】   血圧計3社と連携  点呼と血圧をクラウド一括管理

 

 

 

 

【2020年2月18日(火)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri