2月 11日 2020年

ETC2.0の搭載などを条件に、特殊車両の登録を受けた車両が即時に通行できる新たな制度の創設を盛り込んだ道路法改正案が4日に閣議決定し、今通常国会に送付された。これにより、現在28.5日要している特殊車両許可の平均審査日数を2021年度末までに10日(登録車両は即日)程度にすることを目指す。

 

 

 

ホワイト物流の実現へ【キリンロジ】働きやすい環境の整備も

 

東京大会、夜間半額が決定【首都高速】東名と連続利用は割高、横浜北西線

 

ベースアップ6千円を要求【JR貨物労組】ベア実現の継続へ

 

ロゴマークを制定【首都圏キット】組合員500社を目指す

 

体調不良が大事故に【事故調査報告】「次の休憩所まで」は危険

 

東名、名神リニューアル【主要高速道】今後の工事規制予定

 

横浜に大型物流センターを新設【楽天と西友】ネットスーパー事業向け

 

ローソン店舗で不在荷物受取り検証【佐川急便】2月3日~7月31日まで

 

 

 

 

【2020年2月7日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri