12月 9日 2019年

労働政策審議会労働条件分科会が25日に開催され、改善基準告示の見直しを審議する「自動車運転者労働時間等専門委員会」(仮称)の新設を決めた。公労使の三者で構成され、委員は三者同数で合計18人、総拘束時間の見直しなどを中心に検討する。

 

 

 

翌々日配送、卸~小売間でも【加工食品】実証実験で効果を測定

 

共通の基盤づくりを【物流連】モーダルシフト大賞にキユーソーなど

 

大阪で27日から3日間開催【第1回関西物流展】業界の課題解決と発展へ

 

台風19号、被害甚大【日本倉庫協会】第16回物流フォーラム 支援倉庫対応を報告

 

アサヒビール吹田工場に新アシストスーツ納入【UPR】作業者業務効率化を

 

ピッキングロボット開発へ【ファーストR】倉庫自動化へ2社と提携

 

猪名川プロジェクトを防災・雇用面で支援【プロロジス】2020年4月に着工

 

総待機時間短縮へ【モノフル】「トラック簿」に新機能

 

ブロックチェーン検証済み【UPSとハードエックス」牛肉の国際輸送を実現

 

 

 

 

【2019年11月29日(金)付け】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri