11月 25日 2019年

事業用貨物自動車の車庫の認可審査が厳しくなってきた。特に1台当たりの収容面積の厳密性を図っているもので、地価の高い都市部の事業者が新たに車庫を増設する際、既存の車庫と同じ面積なのに同じ台数が収容できない-といったケースが出てきそうだ。

 

 

 

トラック分散化を別途検討【家庭紙懇談会】同じ使い方できないか、予約システム

 

付帯料金未収受は35%に【全ト協調査】11~20台、51台以上で苦慮

 

1月8日まで自宅外受取キャンペーン【ヤマト運輸】クロネコメンバーズ会員対象に

 

第1回関西物流展特集

人手不足の今こそレンタルパレットを【日本パレットプール】

 

動力付きアシストスーツ【ユーピーアール】最軽量「Ep+ROBO」

 

カゴ車位置情報をGPSで追跡【日建リース工業】温度管理やトレーサビリティにも対応

 

ストラングシステムなど【郵船ロジスティクス】優れた物流技術を紹介

 

多彩な「パネル展示」【全国通運連盟】認知度向上へ広報を強化

 

 

 

 

 

【2019年11月22日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri