10月 3日 2019年

日通総合研究所は、2019年度の経済と貨物輸送の見通し(6月の改訂版)を発表した。国内貨物総輸送量は、下期見通しを6月時点より0・5ポイント下方修正して前年同期比3・4%減とし、年度計では46億7780万㌧(前年度比1・0%減)と見通した。

 

 

 

欧州自動車産業 壊滅的な結果に【ノー・ディール】関税負担は57億ユーロ

 

 

《付加価値物流特集》

【キリングループロジスティクス】 物流対応力の向上を  「運びきる力」を最大限発揮

【コールドチェーン ASEANへの展開】 制度改善や機器導入  複数の関係機関が支援策

【キユーソー流通システム】 首都圏SLCが稼働   予約受付システム KRS入庫アプリ開発

【全日本トラック協会】 Gマーク 過去最高の申請件数  全国38カ所のSAでPR

【関東食糧 臼田真一朗社長インタビュー】  粋でカッコいい働き方改革 新物流センターで構築

【ニチレイロジグループ本社】 強靱な企業体質へ  女性活躍の先に企業成長

【照栄 岡野照彦社長インタビュー】  1台の白ナンからスタート  物流を基軸に総合サービス業へ

【LEVO】 天然ガストラック追加  中小事業者の導入を支援

 

 

 

 

【2019年10月1日(火)付】

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri