8月 20日 2019年

主要物流各社の2020年3月期第1四半期連結決算は、上場企業のうちトラック輸送が一定程度の比率を占める27社でみると、前年同期に比べ売上高は1・9%増と増収を維持したが、営業利益は労働環境整備や外注費の増加などにより17・9%の大幅減を余儀なくされた。

 

 

 

【JR貨物 真貝社長】鉄道貨物輸送 北海道物流に不可欠

 

東北から九州まで【ダブル連結トラック】走行可能路線を拡充

 

【ヤマト運輸 運輸安全マネジメント】19年度予算は61億7800万円 車載システム導入などで

 

人流・物流 双方の資源を活用【国土交通省 藤田事務次官】危機管理が最も重要

 

軽貨物チャーターで協業【佐川急便】CBcloudと資本・業務提携

 

国内出荷の悪化反映【KIT】7月、求車登録3割減に

 

 

 

 

【2019年8月20日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri