7月 30日 2019年

7月9日付で国土交通省自動車局長に就任した一見勝之(いちみかつゆき)氏は、貨物課長(08年8月~09年11月)から約10年ぶりに自動車局に戻ってきた。「10年間で荷主との力関係が変わってきた。人手不足が背景にあるが、言いたいことがある程度言えるようになったが、まだ対等でないと思っており、さらに荷主の理解が必要」と語る。

 

 

 

年度通じ計画達成へ【JR貨物グループ社長会議】一体で結果出したい

 

8月27・28日に開催 ロジソリューション展 95社出展

 

多くの人が入る業界に【国土交通省自動車局貨物課長に就任した】伊地知英己氏

 

【UPS アジアのB2B購買調査】オフライン取引も重要視 日本は自国調達が90%

 

左折時 自転車に注意【死亡事故分析】右折時は6割が歩行者

 

国内初のレベル2導入【三菱ふそう】今秋発売「スーパーグレート」

 

【心の栄養 論語を読もう 41】

 

 

 

 

【2019年7月30日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri