7月 22日 2019年

国土交通省、経済産業省、農林水産省を中心に、今年度から本格展開している「ホワイト物流」推進運動。企業から自主行動宣言の提出を求めており、ポータルサイトによると6月24日現在で90社が賛同を表明している。賛同企業は取り組み可能な項目を記載することになっているが、荷主企業は「物流の改善提案と協力」が圧倒的に多い。

 

 

 

 

異業種3社共同輸送【キユーピーなど】13メートルセミトレとフェリー用い

 

重厚で柔軟な体制に【全ト協】坂本会長、2期目の抱負語る

 

30番目のE&S方式【JR貨物】横浜羽沢駅、11月30日リニューアル開業

 

上限引上げ望む53%【国土交通省】一時退出可能な道の駅、1年間の利用状況

 

下り10~11日【お盆の高速道路渋滞予測】上り14~15日

 

女性活躍推進で「えるぼし」認定最高位取得【SGシステム】

 

新東京センターが22年稼働へ【アスクル】日タの葛西ターミナルA棟を全棟賃貸

 

ベトナムに物流センター建設【カトーレック】来年3月稼働へ

 

シンガポールに定温倉庫【住友倉庫】取扱貨物の多様化に対応

 

 

 

 

【2019年7月19日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri