7月 2日 2019年

ダイフクは、物流現場の人手不足から自動化ニーズが追い風となり、業績を拡大している。中期経営計画最終年度目標を売上高5000億円に上方修正、インドでの生産体制を強化するなど今期の設備投資も前期から倍増する。

 

 

 

 

新会長に渡邉健二氏【物流連】これまでを踏襲しつつ新たなテーマに取り組む

 

国内総輸送量0.9%減【日通総研】2019年度見通し、航空輸出は大幅下方修正

 

後続無人、来年度実証実験へ【隊列トラック】検討会中間まとめ、運用のあり方で意見

 

荷主部分7月施行【改正トラック法】違反原因行為に3例

 

公共交通・物流政策審議官を新設【国土交通省7月1日付】物流政策課と国際物流課を統合

 

標準運賃早期告示を【交通労連政策要求】高速道路料金で通行分散化も

 

交通量削減試行7~8月【東京2020】流入調整や入口閉鎖で

 

軽貨物3000台体制目指す【センコーGHD】現在の700台を2022年度末までに

 

三温度帯総合センターを開設【国分北海道】帯広地区に延床面積7133㎡

 

 

 

 

 

 

【2019年6月28日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri