6月 28日 2019年

G20大阪サミット開催のため、27日から30日までの4日間、大阪府内の高速道路や一般道で大規模な通行止め規制が実施される。府民からは、重要な国際会議だと理解しながらも、食料品や生活必需品の供給に支障をきたす不安を漏らす声も聞こえてくる。イベント開催時における大都市の物流態勢づくりを行う契機となるか。

 

 

 

標準化協議会 年度内立ち上げ【未来投資戦略】複合一貫スマート化に言及

 

7月にとりまとめ【置き配検討会】再配達削減の一方策に

 

【JIFFA】2018年度下期の国際複合輸送貨物取扱実績

輸出入合計6千243万㌧(7・7%増)  輸出入とも、下期で過去最高に

 

【JR貨物労組】総団結問題終止符を

 

会員の経営環境改善を【東ト協】9月にトラックフェスタ

 

将来ビジョン策定【首都圏キット協組】組合員300社超に

 

 

 

 

【2019年6月25日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri