5月 31日 2019年

日本政策投資銀行(DBJ)は、先端技術によるビジネス革新と先端的物流施設の将来像を描いた「ロジスティクスイノベーション研究会報告書」を公表した。ロジスティクス分野でイノベーションを推進するため、プラットフォームの創設、ベンチャー企業の活用、人材や制度整備、金融機関の役割に言及している。

 

 

 

前期は最高益更新【ニチレイロジ】新中計 庫内情報をデジタル化

 

フルハーフ創業者の孫が講演 米国のトレーラー史紹介

 

セイノー田口社長 ビジネスモデル変える

 

省人化へ意欲高まる【帝国データ】設備投資意識調査 「運輸・倉庫」が最多

 

20年度829億円に【収納サービス】新規参入で拠点数増 1万1500カ所

 

【日本通運 齋藤社長】全国安全衛生大会で訓辞 「安全・品質の取り組み すべての人が当事者に」

 

 

 

 

【2019年5月24日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri