4月 26日 2019年

日通総合研究所は、企業物流短期動向調査(日通総研短観、3月調査)を公表した。国内向け出荷量「荷動き指数」の1~3月実績(見込み)は▽8となり、前期(昨年10~12月)の+9から17ポイントも低下、4~6月見通しは▽6と2ポイント戻すものの、低迷が続く見込み。

 

 

人手をかけない運用を【国土交通省】過疎地のドローンビジネス実現へ支援策検討

 

56基分を共同輸送【F-LINE】東京~大阪間専用列車出発式

 

ホワイト物流賛同公表1号【キユーピー】自主行動6項目を宣言

 

ファッション進出を支援【東京納品代行】伊フォワーダーと提携

 

ITER包括輸送で3者契約を締結【日立物流】日本―フランス間一貫輸送

 

国内販売拠点を改善【三菱ふそう】電動車対応設備導入も計画

 

宮崎県と包括連携協定締結【佐川急便】地域社会の活性化を

 

財団設立し、奨学金を給付【丸和運輸機関】人材育成に貢献を

 

名古屋と九州で決定【ホワイト物流】5月に推進運動説明会

 

 

 

【2019年4月26日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri