3月 12日 2019年

2019年度中に数件程度の商業サービス実現にメドをつけるため、国土交通省は「過疎地域等におけるドローン物流ビジネスモデル検討会」を設置し、7日に初会合を開催。今年度検証実験を行った関係者からヒアリングを行った。今後、ビジネスモデルを構築するための検討項目を具体化し、6月頃に中間とりまとめを行う。

 

 

 

若松梱包G連結子会社に【大和ハウス】大和物流らとシナジー図る

 

翌日→翌々日配達へ【郵便サービス見直し】収益効果600億円強

 

海上貨物の旗艦店に【YGL】東京グローバルロジゲート 4サービスを一体的に提供

 

【日通商事】長野新工場を竣工

 

物流の未来像を探る【JPR】情報連携テーマにセミナー

 

未来の知的労働者へ【D.N.A】トラックドライバー甲子園

 

年6億5千万件利用【NACCSセンター】第7次へ専門部会

 

 

 

 

【2019年3月12日(火)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri