10月 9日 2018年

運輸新聞は、先月東京ビッグサイトで開催されたフードディストリビューション2018に出展し、来場者からアンケート調査を実施。日本型コールドチェーン物流を展開していく上で注目している国・地域はどこかを尋ねたところ、「中国」が最も多く、次いでベトナム、タイの順となった。

 

 

 

越境手続きなど提起【日ベトナム物流政策対話&WS】物流機器紹介も

 

地方基盤企業統合も【未来投資会議】来夏に実行計画決定

 

【国際物流総合展 物流はより快適に(フォトルポ)】

 

宅配ロッカーなども グッドデザイン賞が決定

 

SR導入で再生成功【データ・テック】SR交流会 導入事例を発表

 

岐阜県内に倉庫建設【セイノーHD】植物工場事業に進出へ

 

【物流雑学辞典】第81回 才数

 

 

 

 

【2018年10月9日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri