5月 24日 2018年

トラックメーカーや車載関連メーカーなどが相次いでIoTやICT(情報通信技術)などを活用した新たな顧客サービスを打ち出している。自動運転を前に「コネクト」をキーワードに、車両1台1台の使われ方に焦点を当てている。

 

 

 

九州でも共同配送 来年1月【食品6社】北海道に続き、物流情報を一元化

 

いわきから全国共配【化学品5社】混載可能な業種の参加募る

 

【SBSHD】リコーロジをM&A 株式66・6%取得、残りは大塚商会へ

 

売上高2950億円へ【鴻池運輸 新中計策定】2030年ビジョンも

 

【ジャパントラックショー】パシフィコ横浜

 

【セブ・パシフィック航空】日本支社を開設、新規貨物獲得へ

 

【日本通運 齋藤社長】全国安全衛生大会で「安全意識徹底へ、しつこいくらいに語りかけを」

 

海外シェア25%へ【ニチレイロジ】予約システムなど業務を革新

 

 

 

 

【2018年5月22日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri