1月 31日 2018年

「会社四季報2018年新春号」(東洋経済新報社刊)には通期見通しが多く掲載されている。証券コードが「陸運」「倉庫・運輸」に分類される物流企業106社は、物流を維持していくため、値上げにより前期を上回る利益を見込む企業が増えた。労働力を呼び込む待遇改善を図りつつ、上場物流企業はどのような戦略を立てているのかを探った。

 

 

 

目標に届かず 第12次最終年【陸運業】昨年の労災発生 12月は倍増の12人

 

運賃手引書作成へ【国交省】奥田自動車局長 できるだけ早い時期に

 

【JIFFA】2017年度上期の国際複合輸送貨物取扱実績

 

【物流連 新年の物流を語る会】物流の魅力高める

 

業務改善事例競う【物流技術研究会】優勝はキリンGの町田さん

 

 

 

 

【2018年1月30日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri