1月 15日 2018年

関係府省庁は2030年までの行動計画を示した「水素基本戦略」を決定。水素サプライチェーンを構築し、水素コスト(プラント引き渡し価格)を現状の3分の1以下となる1㎥30円程度とするとともに、燃料電池(FC)フォークリフトは1万台程度の導入を目指し、商用トラックも100㎞以上の領域でFC化を実現していく。

 

 

 

 

成約運賃指数127【KIT12月】調査開始以来の最高地

 

中国と福山市の教育交流拡大を【渋谷育英会】新たな協定書に調印

 

【年頭のあいさつ】

運輸労連・難波淳助委員長     全日通労働組合・成田幸隆委員長

 

JR貨物グループ・田村修二社長  日港協など海運関係5団体・久保昌三会長

 

JILS・遠藤信博会長      センコーGHD・福田泰久社長

 

トナミHD・綿貫活介社長     日通商事・新居康昭社長

 

近鉄エクスプレス・鳥居伸年社長  郵船ロジスティクス・水島健二社長

 

西濃運輸・神谷正博社長

 

 

 

 

 

【2018年1月12日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri