12月 11日 2017年

過疎地でドローン(無人航空機)を活用した物流を普及させるため、国土交通省は今年度末をメドに「物流用ドローンポートシステム利用ガイドライン」を策定する。「2018年度中に過疎地で荷物配送サービスを実現する」という政府の当初目標がみえてきた。

 

 

 

 

量から質への転換を【三井倉庫HD】営業利益100億円を達成へ

 

海外展開を加速へ【セイノーHD】コールドチェーン構築も

 

西日本から北海道へ【日本通運】NEX-NET第2弾を7日発売

 

成約運賃7ポイント上昇【KIT】11月約3年ぶり122

 

働ける仕組みを作る【ヤマト福祉財団】小倉昌男賞を発表

 

荷主と物流合弁設立【澁澤倉庫】物流の環境変化に対応

 

羽田空港貨物センターに自動仕分け機を導入【日本通運】2倍弱の物量に対応

 

持続可能は社会づくり【佐川急便】環境生活文化機構会長賞に

 

仕事との両立を支援【福山通運】企業主導型保育園を開園

 

 

 

【2017年12月8日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri