12月 6日 2017年

中小企業の長時間労働是正・生産性向上と人材確保に関する第2回ワーキンググループが総理大臣官邸で開かれ、中小・小規模事業者に対する働き方改革関係のヒアリング結果と企業間連携による生産性向上事例が報告され、発注企業(大企業)の業務効率化のしわ寄せで残業が増える実態が浮き彫りになった。

 

 

 

 

PCやスマホを活用【ヨコレイ】トラック予約受付システム、自社専用で試験導入

 

JOTとOLS統合、来年1月【JR貨物】TCC株を日陸に譲渡

 

アフリカ2拠点目【日本通運】モロッコ支店が営業開始

 

待機列ルール化【京浜港推進協】荷主と意見交換会

 

死亡災害目標達成は微妙【陸運業】1~10月死傷災害は達成困難

 

中小に大きな影響【帝国データ】運輸・倉庫64%が正社員不足

 

各県ト協に緊急要請【全ト協】死亡事故214件、初めて前年を上回る

 

物流機能の強化へ【宮崎県】港湾をアピール

 

 

 

 

【2017年12月1日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri