9月 4日 2017年

自動車運送事業の働き方改革に関する第2回関係省庁連絡会議が8月28日に官邸で開かれ、トラック・バス・タクシー業で直ちに取り組む63の施策を決定した。うちトラックは49項目。集配車両の駐車規制見直し、高速道路料金の大口・多頻度割引継続の検討、ホワイト経営の「見える」仕組み検討などが盛り込まれた。

 

 

 

生産性向上に集中投資【来年度物流予算要求】スワップボディなど導入支援

 

新委員長に反町氏【労連東京定期大会】現場の意見 積極的に反映を

 

ドローン 目視外飛行実現へ【国交省・経産省】検討会が今日発足

 

倉庫税制延長を要望【税制改正】スマートIC特例措置も

 

「NIPPON ICHIBA」を活用した農産物の輸出開始【JAL、農業総研、世界市場】

 

ミャンマー第3拠点【日本通運】ミャワディ事務所新設

 

堅調な需要により【東京圏内物流施設】空室率3%前半を維持

 

タイに2万6千㎡の物流センター建設【カトーレック】2018年7月竣工

 

 

 

 

【2017年9月1日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri