8月 17日 2017年

トラック運送事業で運送の対価としての「運賃」、運送以外の役務の対価としての「料金」を適正に収受する環境を整備するため、国土交通省は標準貨物自動車運送約款、トラック運送業の書面化推進ガイドライン、下請・荷主適正取引ガイドラインを改正し、4日に公布した。待機時間料や横持ち料などが明確化される。

 

 

 

荷動き回復鮮明に【5月分のトラック輸送】特積み7カ月連続増

 

本社各部署に導入【西濃運輸】定常作業はロボットで

 

センシング技術を活用した動線分析によるリスクコンサル【東京海上日動】2017年度中にサービス開始へ

 

ロジフェアで課題解決【JILS】IoT時代のロジを探る

 

生前整理講座開講 遺品整理士、2万人突破

 

全国15自治体に及ぶ【佐川急便】名古屋市と包括協定

 

ブランド戦略を支援【楽天と電通】マーケティングで新会社

 

10月18日 技能検定【陸災防】フォーク1・2級 受検申請を開始

 

 

 

 

【2017年8月8日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri