11月 13日 2018年

環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)が12月30日に、日欧経済連携協定(EPA)が来年2月1日に発効される見通しとなり、撤廃を含む関税の大幅な引き下げが行われる。食品や原材料をはじめ、貿易や物流へのプラスの影響が期待される。

 

優勝は藤束俊介さん 広島【トヨタL&F】全国販売店 サービス技能コンクール

 

〔施設内に新機能導入進む〕

【アスクル関西】 バース管理ソリューション展開

【三菱地所など】 福岡に運搬ロボット

 

17年 チリ産が過去最大【ボトルワインの輸入量】東京港が30年連続首位に

 

変圧器輸送を紹介【物流博物館】25日に上映会

 

大賞は東洋メビウス【物流連】Mシフト優良事業者 23件15社を決定

 

的確な会話を重視【SGムービング】第7回品質選手権

 

【物流雑学辞典】第83回 LTLカーゴ

 

 

 

 

【2018年11月13日(火)付】

 

 

Filed under: ニュース

Trackback Uri






11月 13日 2018年

2年間のパイロット事業で得られた知見をもとに、国土交通省は「トラックドライバーの長時間労働改善ガイドライン」を公表。荷主とトラック運送事業者の協力による予約受付システムの導入や発注量の平準化など13の対応例を示した。

 

 

 

災害にも強い鉄道に【丸運】中間決算、「通運以外が健闘」荒木社長

 

SOx規制、混合安定性を要望【海運業界】低硫黄C重油、燃焼試験実施段階

 

コンテナ輸送品質向上キャンペーン【JR貨物】キックオフ

 

総面積18万㎡船橋に計画【三井不動産】ロジ事業33施設に拡大

 

超酸素水用い実証【全農など】生鮮品輸出プロジェクトを開始

 

ブランド初のDC【ESR】久喜に埼玉県最大級の15万㎡

 

労働時間管理促進へ【国交省】年度末に向け冊子策定に着手

 

日本橋に手ぶら観光サービス拠点開設【佐川急便】

 

 

 

【2018年11月9日(金)付】

Filed under: ニュース

Trackback Uri






11月 6日 2018年

6月18日の大阪府北部地震、7月5日を中心とする平成30年豪雨、8月9日の台風13号、9月4日の台風21号と同6日の北海道胆振東部地震など自然災害が立て続けに日本列島を襲い、物流インフラにも多大な損害をもたらした。これを教訓に、防災機能の強化が求められている。

 

 

 

通期売上1兆円超え【SGHD】単価上昇で働き方に注力

 

秋の叙勲 星野良三氏に旭重

 

【全日本トラック協会 第50回全国トラックドライバー・コンテスト特集】

秋晴れの中、144人が技競う

総理大臣賞 樋口選手(日本通運)

安全運転の模範として活躍

 

物流会社発ドライバー求人サイト「ドラEVER」 加藤智江社長インタビュー

月間閲覧数55万PV 時流に即した情報を掲載

 

17のルールに整理【テールゲートリフター】安全リーフ周知を

 

【シリーズ 安全】日通自動車学校  警視庁と東京消防庁からダブル表彰

 

北京物流センターが稼働【センコー】中国の冷凍物流機能強化

 

自然冷媒機器 予算確保へ対応【倉庫議連】賦課金減免で意見も

 

感謝の祭りで結束【カンダHD】第39回カンダ祭り

 

 

 

 

【2018年11月6日(火)付】

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: ニュース

Trackback Uri






11月 5日 2018年

日野自動車は「2025年に向けて」と題する長期ビジョンをまとめ、10月30日の中間決算記者会見で下義生社長が発表した。25年度の売上高2.5兆円(17年度1.8兆円)、営業利益2500億円(同800億円)、販売台数30万台(同18万台)、HVやFCVなどフルラインナップにより電動化率100%を目指す。

 

 

 

 

<第2四半期連結決算>

売上高2兆円へ【日本通運】

 

通期予想を上方修正【ヤマトHD】

 

減収減益も黒字確保【JR貨物】

 

付帯作業を削減 F-LINE【全国通運連盟】第1回通運事業フォーラム

 

荷動き指数回復続く【日通総研短観】トラック運賃上昇圧力一段と

 

4トン部門で内閣総理大臣賞を獲得【日通グループ】ドラコンで11人入賞

 

タクシー初の貨客混載【佐川急便と山城ヤサカ交通】

 

パレット情報電子化【JPR】ライオン、PALTACが採用

 

通販の収益改善へ【千趣会】在庫削減し倉庫集約

 

 

 

 

【2018年11月2日(金)付】

 

 

Filed under: ニュース

Trackback Uri






10月 24日 2018年

災害時の燃料供給の強靱化に向けた有識者会議(座長=平野正雄早稲田大学教授)が資源エネルギー庁に設置され、19日に初会合を開いた。首都圏直下地震が発生し、東京湾岸の製油所・油槽所が全停止した場合、陸上輸送に頼るしかなく、そのための連絡体制のあり方や道路復旧情報を共有できる仕組みづくりなどが課題に挙げられた。

 

 

 

仏物流企業を買収【西鉄】国際物流事業の拡大へ ネットワークを強化

 

【全流協】W連結トラックの早期実現へ 国交大臣に提言

 

指定場所配達開始 来年3月【日本郵便】ゆうパックのサービス改善 物置など5カ所設定

 

〝日本の食品〟輸出EXPO 展示会レポート

 

【宮崎県】細島港 物流機能強化  東京で港湾セミナー

 

【自動車功労者大臣表彰】鳥居氏(埼玉ト協会長)ら68人

 

安全意識の向上へ【ヤマト運輸】第8回全国安全大会開催

 

測位精度が向上 11月開始「みちびき」【交通運輸技術フォーラム】陸海空の自動運転紹介

 

【国土交通副大臣 会見】「東アへ広域集荷を」塚田氏  「自動車税制に配慮」大塚氏

 

【物流雑学辞典】第82回 容積(換算)重量

 

 

 

 

【2018年10月23日(火)付】

Filed under: ニュース

Trackback Uri






10月 22日 2018年

日本経団連は、Society5.0時代のあり方とその実現に向けた課題を整理したレポートをまとめた。物流は、Society5.0に中核となるデータの利活用による変革が最も期待される産業の1つと位置づけ、最先端技術を活用することで労働環境の改善と魅力の向上、強靭な物流ネットワークの構築が実現し、主要物流事業者は世界市場を席巻するプレイヤーになるとしている。

 

 

 

100億円上回る減収【JR貨物】山陽線100日間不通で

 

11月上信越、12月新東名【トラック隊列実験】LKAでステアリング制御

 

行政指導事例など報告【生技労協】物流人材サービス特別セミナー開く

 

1号役務5年前の2倍超【特定信書便】売上高で3号役務を抜く

 

白馬村で22日にドローンの配送実験【国土交通省】

 

和光市に発送拠点を移転【トーハン】

 

生鮮品や特産品のマーケット創出で提携【JALなど3社】

 

<本紙アンケート>

物流の生産性、働き方改革に効果的なのは?

「出荷日・時間見直し」が最多

注目するシステム・機器は?

庫内の省力化を重視

 

 

 

 

【2018年10月19日(金)付】

 

Filed under: ニュース

Trackback Uri






10月 17日 2018年

築地から豊洲への市場移転は、10月6日午後から10日までのわずか4日半という限られた期間内に効率的に移動させるという「引越大作戦」だった。東京都では、今回の引越全体のマネジメント業務に関する契約を日本通運との間で締結。日本通運は、引越全体の企画・設計段階からプロジェクトに参画することとなった。

 

 

 

荷役は荷主が分担を【スワップボディ】国交省が検討会 年度末に普及促進策

 

Pパレを共同回収【ビール4社】11月から東北で先行展開

 

【フードディストリビューション】展示会レポート

 

【兼松のインドネシア法人】コールドチェーン事業に本格参入

 

【YHDとベル】空の輸送モード構築 〝電動垂直離着陸機〟実用化へ

 

食の物流網再構築へ【イオン】20年までにSM事業統合

 

「おもてなしの心で」サカイ 諏訪聖子さん

 

 

 

 

【2018年10月16日(火)付】

Filed under: ニュース

Trackback Uri






10月 15日 2018年

トヨタ自動車は、「Sustainability Data Book 2018」を発表。2017年度(17年4月~18年3月)を対象に(一部18年度の事項も含む)、同社および国内外の連結子会社などにおける取り組みと活動事例を紹介している。

 

 

 

高松市で事業者大会【全ト協】『道路改革元年』を推進

 

フォワーディング強化【日立物流】AITと資本業務提携

 

新任インストラクター3人が公式デビュー【キリングループロジ】事故防止の徹底へ

 

EP物流課題に言及【SCM協会】秋季講演会を開催

 

トラック・バスのファイナンス事業会社設立【TFC・SMAS・日野】商用車ニーズに対応

 

運転しやすいトラック【国交省検討会】小物入れの充実を

 

グローバルパートナーシップ締結【ユニクロとダイフク】国内外で倉庫自動化へ

 

 

 

 

【2018年10月12日(金)付】

 

 

Filed under: ニュース

Trackback Uri






10月 9日 2018年

運輸新聞は、先月東京ビッグサイトで開催されたフードディストリビューション2018に出展し、来場者からアンケート調査を実施。日本型コールドチェーン物流を展開していく上で注目している国・地域はどこかを尋ねたところ、「中国」が最も多く、次いでベトナム、タイの順となった。

 

 

 

越境手続きなど提起【日ベトナム物流政策対話&WS】物流機器紹介も

 

地方基盤企業統合も【未来投資会議】来夏に実行計画決定

 

【国際物流総合展 物流はより快適に(フォトルポ)】

 

宅配ロッカーなども グッドデザイン賞が決定

 

SR導入で再生成功【データ・テック】SR交流会 導入事例を発表

 

岐阜県内に倉庫建設【セイノーHD】植物工場事業に進出へ

 

【物流雑学辞典】第81回 才数

 

 

 

 

【2018年10月9日(火)付】

Filed under: ニュース

Trackback Uri






10月 9日 2018年

トラック運賃の上昇基調が一段と強まっている。荷動きの回復、燃料価格の上昇、ドライバー不足の深刻化に加え、西日本豪雨での貨物列車の運休などが影響。各種統計調査では「年末に向けさらに高水準で推移する」と指摘している。

 

 

 

かい離を縮めること【全ト協】働き方改革行動計画、年内にマニュアル

 

荷主との連携強化を【厚労省】下半期労災防止を推進

 

スピードを上げて施策の実行を要請【日本通運・齊藤社長】第81回創立記念日に

 

10月入社の新入社員入社式【JR貨物】未来志向のグループに

 

流山ベースが11月開所【ヤマト運輸】フロア面積3万2500㎡

 

<国土交通省―物流幹部の横顔>

コールドチェーンを普及【伊藤国際物流課長】

 

物流を水にしたい【山田物流政策課長】

 

使い勝手良くする【多田大臣官房参事官】

 

 

 

 

【2018年10月5日(金)付】

Filed under: ニュース

Trackback Uri