4月 6日 2021年

高速走行に見合う動力性能を持つ大型燃料電池(FC)トラック、20年代後半の本格投入を目指している。トヨタと日野が昨年3月から共同開発を進め、来春には実証運行が始まる。先月には日野といすゞ電気トラックとともに共同開発することを発表した。新車購入後、積載量の確保、水素価格、水素ステーションの運営など課題解決が待たれる。

 

 

 

総輸送量2・4%増 上方修正【日通総研】4年ぶり増も力強さ欠く

 

カーボンニュートラル受け【センコー】蓄電池物流に本格参入

 

非対面点呼実現へ【日本通運】NTTドコモと開発に着手

 

名阪特急で貨客混載【近鉄と福通】大阪~名古屋を当日配送

 

駐車予約システムで実験【浜松と足柄で】ダブル連結トラック対象に

 

関東圏21拠点体制に【福岡運輸HD】サントスがグループ入り

 

経常100億円達成へ【JR貨物】21年度事業計画

 

 

 

 

【2021年4月6日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri