3月 25日 2019年

経済産業省は、水素・燃料電池戦略ロードマップを策定した。現在、100カ所の商用水素ステーションが開所しているが、稼働率向上の観点から既に投入されている燃料電池バス・フォークリフトに加えトラックへの展開が重要として、小型・大型それぞれの技術開発や課題を整理し、2020年度中にアクションプランを作成する。

 

 

 

新事業法バイブルに【全ト協理事会】手間かけ皆の意見を聞く

 

発着の連携も重要【共同物流研究会】標準化が端緒にも

 

特殊輸送ノウハウ生かす【セイノーHD】新開トランスと業務提携

 

インドネシアに5万㎡の新倉庫【日本通運】定温施設も設置

 

会員1千人目指す【日本物流資格士会】最新情報の共有を

 

カゴ台車ごと持ち上げ【パナソニック】低床型搬送ロボット

 

 

 

 

【2019年3月15日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri