8月 8日 2018年

7月31日に都内で開かれた、第96回中央環境審議会総合政策部会・第五次環境基本計画の進捗状況に関するヒアリングで、ヤマト運輸の関根豊社長室プロジェクトマネージャーが同社の取り組みを報告。課題解決のポイントはオープン化にあることを示唆した。

 

 

 

【7月の鉄道コンテナ】九州発が大打撃

 

【ヤマトHD】引越の過大請求 5年間で31億円に

 

内貿の伸びが顕著【2017年 コンテナ取扱量】14年抜き過去最高に

 

お盆の渋滞予測 上り11~12日 下り14~15日

 

SC全体最適に影響も【AIの功罪】雇用減など 社会全体で考える

 

5月 一般トラック15カ月連続増  特積み実質5カ月連続減

 

【センコー】古河PDセンター開設

 

 

 

 

【2018年8月3日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri