9月 6日 2017年

今年を生産性革命「前進の年」と位置づける国土交通省は第6回本部会合を8月31日に開き、20のプロジェクトの進捗状況を報告するとともに、今後工夫度の高い施策を中心に施策集をまとめることにした。会合のさいごに石井啓一大臣(本部長)は、2030年頃を想定し、中堅・若手中心に政策を議論する場を設定することを要請した。

 

 

 

【本紙アンケート調査】5年猶予 長すぎる  運転者の時間外労働、荷主の懸念強く

 

生産・物流機能連携【JILS】ロジスティクス大賞 キユーピーなどに決定

 

求車登録は3割増【WebKIT】成約運賃指数118、8月の最高値

 

20PJの進捗を報告【国土交通省生産性革命】IC直結物流施設 今後、箇所調整へ

 

トラック用タイヤ 日本市場に投入【日本ミシュラン】BFグッドリッチ販売

 

347件の事業採択【LEVO】物流CO2削減補助 今月、3次公募へ

 

営業黒字は4空港【国管理26空港の収支】経営段階では14空港

 

積込み時間大幅短縮【日本通運】RORO船「ひまわり8」 4日就航

 

成長戦略テーマに【デンソーセールス】セミナー&展示会

 

ワークショップ型で【JR貨物】自ら考える防災訓練に

 

 

 

 

【2017年9月5日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri