19 4月日 2019年

平成に入って、元年にベルリンの壁が崩壊し、2年に東西ドイツが統一、3年にはソ連が崩壊、5年にはEUが発足。いきなり海外との垣根がなくなった。物流も例外ではなかった。一方、国内は不況に見舞われ、苦しい時代ではあったが、ここにきて企業業績は上方修正が相次でいる。平成から令和へ。物流産業が持続的発展を遂げるため、荷主企業とのパートナーシップ確立がカギを握る。

 

 

 

仙台支店卸町物流C竣工【日本通運】東北のゲートウェイ

 

労働時間91%削減【住友倉庫など3社】メチオニン船舶輸送、物効法に認定

 

南相馬市と協力協定【NEDO】ロボット関連人材を育成

 

特殊品が24%占める【貨物地域流動】北海道~茨城間が上位に

 

買い物弱者に宅配サービス【セイノーHD】ライフコーポと業務提携

 

交差点で64件発生【全ト協】昨年の死亡事故 大型車、特に注意

 

ネコサポステーション3店舗目を永山に出店【ヤマト運輸】

 

日野レンジャーを改良し5月6日に発売【日野自動車】

 

5月31日までTポイント贈呈キャンペーン【クロネコメンバーズ】

 

下り3日、上り4~5日【GWの高速道路渋滞予測】

 

 

 

 

【2019年4月19日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri