1月 14日 2022年

経済産業省は、自動化技術を導入する際にデータ項目やフォーマットを標準化して在庫情報を共有化する事業を、農林水産省はこーどを標準化して食品流通の受発注自動化やトレーサビリティを実現する事業を進めている。キーワードは「標準化」であり、サプライチェーン(SC)の当事者間で情報を共有するモデルを構築する狙いがある。

 

 

 

徹底力で体質強化【キユーソー流通】ASEANへ展開強める

 

ダイフクが受賞【経済産業大臣賞】社長選任・後継者育成で

 

大連空港 貨物取扱を再開【JETRO】防疫徹底で遅れは続く

 

運賃指数は128【KIT12月】前年同月比5ポイント上昇

 

生産財の影響大きく【JILS】コンテナ不足に伴う混乱 スポット増9割超

 

今年も分散呼びかけ【引越】ピーク3月19日~4月3日

 

物流業界研究セミナー開催【物流連】1月15日、大阪などオンライン併用で

 

25日に物流DXオンラインセミナー【NX総研】倉庫業務と配車業務で改善事例紹介

 

サマリーと資本業務提携を締結【三菱倉庫】新たな物流システムの開発を

 

2月1日付で組織改正実施【日野自動車】電動車、自動運転の開発体制を強化

 

 

 

 

 

 

【2022年1月14日(金)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri