12月 21日 2021年

経済産業省は「クリーンエネルギー戦略」を来年6月頃にとりまとめるための検討に着手した。この中で運輸部門の戦略について、自動車の製造(原材料取得・部品・完成車)から輸送段階、リサイクル・廃棄までサプライチェーン全体で脱炭素化を図るため、使用する燃料は安価でクリーンなものをどう確保していくかを検討する。

 

 

 

17年目、さらに輪を【グリーン物流パートナーシップ会議】NLJなどを表彰

 

要望強い輸送サービス拡充【JR貨物】3月12日ダイヤ改正

 

届け出割合40%に【標準的な運賃】7ブロック5割到達

 

鉄道利用を促進へ【JETRO短信】欧州  新たな整備計画発表

 

忍耐の1年、萌芽も  2021年を振り返る

 

海江田新会長に対し【運輸労連】議員懇に4項目要請

 

ミャンマー情勢を聞く  物流連 海外物流戦略WT

 

グループブランド「NX」を導入  日本通運10大ニュース

 

 

 

 

【2021年12月21日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri