12月 14日 2021年

2025年大阪・関西万博の場内貨物取扱指定事業者2者と推奨物流事業者17者が決まった。場内貨物取扱指定事業者には、在阪本社の住友倉庫グループと間口ホールディングス(間口グループ)による共同企業体並びに日本通運が選ばれた。住友・間口共同企業体は、推奨物流事業者にも選ばれている。また、日本通運も推奨物流事業者の指名を受けている。

 

 

 

SNSの誹謗が増加【交運労協】カスハラの実態調査報告

 

【運輸労連セミナー】「適切な配分へ動かす」仁平氏   「ビジネス転換が必要」小林氏

 

割増償却 8%に圧縮【倉庫税制決着】DX機器を追加

 

【郵船ロジスティクス】ユナイテッド航空のSAF利用促進プログラムに参画

 

【大ト協】標準的運賃の届出を

 

電動車両を体感【三菱ふそう】専用施設で実車とプレゼン

 

 

《物流巧みの技》 エフワークス

「システムありき」でなく 情報引出し日々進化

 

 

大矢・川上両氏に【ヤマト福祉財団】第22回小倉昌男賞

 

物流機器をシェア【ユーピーアール】マッチングサービス 全国展開

 

運賃指数は121【KIT11月】前年同月比4ポイント増

 

 

 

 

【2021年12月14日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri