12月 10日 2021年

国土交通省環境行動計画の改定を議論する社会資本整備・交通政策審議会環境部会は7日、2030年度を計画期間とする改定案を提出、審議した。年内に改定する。次世代商用車はEV、FCV、合成燃料など幅広い選択肢を示す一方、普及には水素スタンドなどインフラの充実についてさらに突っ込んで検討すべきなどの意見が出された。

 

 

 

 

5つの場面周知を【全ト協】感染予防対策ガイドライン第3版

 

不利な取扱いしない【送料込みライン】楽天が改善措置

 

ドローン実証実験を開始【ヤマト運輸と岡山県和気町】持続的な医薬品輸送ネット構築へ

 

データ連携を開始【日野とドコマップジャパン】高機能動態管理で

 

AIで配送を最適化【東京都と東ト協】CO2排出削減で実証事業

 

溝深さ50%の確認を【国土交通省】大型車立ち往生防止呼びかけ

 

CO2輸送技術の共同開発に合意【日本郵船と三菱造船】将来的な需要の拡大に期待

 

越境ECのワンストップソリューションを開始【4PXとDHL】日本の通販事業者向けに

 

中田信哉のマーケティンブ物噺

特殊な分野で強い力を持つ【ニッチ・ビジネス】市場を絞り込んでほかとの違いを打ち出す方法

 

 

 

 

【2921年12月10日(金)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri