11月 30日 2021年

2022年12月のレベル4実現を目指し、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を中心に約5年かけて取り組んできた「ドローン・プロジェクト」。10月27日には、全国13地域で飛行するドローンの運航状況を一元的に管理する実証に成功した。物流・災害状況把握、警備・測量などを同時に管理することで商業化を目指す。

 

 

会長代行に加藤氏【自民トラック議連総会】全ト協、燃料高騰対策を要望

 

標準的運賃に反映を【国交省】金銭授受 公選法に当たらない

 

予約受付システムを追加【補正予算】大口・多頻度割に77億円

 

特集:各社のグローバル戦略

顧客のSCMを支援【渡邊淳一郎・日新代表取締役専務執行役員】グローバル物流で最高品質を

 

貨物追跡システム「ワールドキーパー」【ユーピーアール】航空貨物の国際物流を支援

 

コロナ禍でも着々と【センコーグループホールディングス】中期経営計画仕上げへ

 

旺盛な輸送需要継続【近鉄エクスプレス】通期業績 過去最高更新見込む

 

スペース確保に注力【日本通運】東アジア 代替で鉄道が伸長

 

国際事業の物流増【日立物流】アジア圏のリーダーへ進化

 

JICの引き合い多く【恵谷洋・ヤマト運輸常務執行役員】グローバルSCMニーズに対応

 

国際、コロナ禍前に【カンダホールディングス】グループシナジーで事業拡大

 

顧客との連携密度を深める【三古健二・SGHグローバル・ジャパン営業部部長】

 

 

【2021年11月30日(火)付】

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri